スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

津山-町全体が箱庭のような美作の城下町

tsuyama01.jpg

tsuyama02.jpg

旧出雲街道沿いに歴史的な街並みが、ほぼ原型に近い形で残されています。町全体があたかも箱庭の博物館のようで、本当にタイムスリップしたかのようです。もはや解説はいらないでしょう。戦災を受けなかった日本の街は、これほどまで端正で美しかったのかと。。。津山は文人の出身地としても知られ、上の写真は江戸時代の洋学者であった箕作阮甫の生家で、一般公開されています。内部は典型的町屋の作りで、奥行きが深く天井が高い。千本格子と2階の袖壁が特徴。
箕作家はもとは近江の五個荘の出身で、後に美作に移り住み、阮甫の曾祖父の時代から医家を営んでいました。阮甫は藩医について蘭学を学び、後に江戸に出て幕府でも要職に付き、ペリー来航の際には外交文書の翻訳などにも携わったとか。まさに洋学の街、津山です。
tsuyama03.jpg

旧出雲街道の津山宿は、津山城を境に城東界隈と城西界隈に分かれています。ここは城東界隈の大曲。城下町のため、このようにクランク状の武者隠しが設けられています。
tsuyama04.jpg

城東界隈の勝間田町。かつての町人町で、ひなびた感じではありますが、古びている印象がかえってリアルで、味わいがあります。人工的に修景せずとも、本来の姿のままでエイジングを重ねていけばよいのですから。
tsuyama05.jpg

2階の窓まわりの桟を白しっくいで塗り固めた家のある一画。2階の階高も大きく、千本格子の家並みとは印象がかなり違います。こうした意匠のバリエーションが、ひとつの宿の中でどのように形成されていったのか、考えてみるのも面白いかも。
tsuyama06.jpg

外構がれんが造、建物が和風入母屋という和洋折衷の不思議な建築。近づいてみると、「津山洋学資料館」とあります。洋学は江戸時代の近代化に大きな役割を果たし、津山からは多くの洋学者を輩出した。大正9年、妹尾銀行の建物として建てられ、その後は第一合同銀行・中国銀行津山東支店として使用されていました。
P10101391.jpg

西新町の大隈小路に面した町屋の妻壁には、水切瓦が設けられています。といっても、土佐のそれのようにダイナミックなものではなく、いかにも装飾というイメージ。とてもおしゃれで、センスの高さを感じます。
P10101651.jpg

和洋折衷の建物。現在は「河野美術館」になっていますが、かつては医院か何かだったのかも。
P10101522.jpg

奈良市の奈良町で見かける「身代り猿」は、庚申さんのお使いの猿を型どったお守りで、魔除けを意味し、家の中に災難が入ってこないように災いを代わりに受けてくれます。津山にもそういう民間信仰があるのかわかりませんが、美しい街並みに身代り猿はとても似合います。

■岡山県津山市■
文字通り、中国地方の政治経済の中心で、交通の要所。太平洋側、日本海側いずれに出るにも、津山を中継するといってもおおげさではない。津山城の城下町で、津山城址(鶴山公園)桜と紅葉の季節は、その美しさに目を奪われる(に違いない)。出雲街道は市内を東西に横切っている。歴史的な街並みは城東界隈に、寺町は城西界隈に多い。旧梶村家住宅の「城東むかし民家」は、一軒の価値あり。
文化人や芸能人を多く輩出し、オダギリジョーや、B’Zの稲葉クンもその一人。出雲街道沿いの「稲葉薬局」を訪れるファンの姿は今も絶えない。
スポンサーサイト

テーマ : レトロを巡る旅
ジャンル : 旅行

コメントの投稿

非公開コメント

カテゴリー
プロフィール

fabio777

Author:fabio777
古民家での晴耕雨読な暮らしに憧れる軟弱な熊谷都民。

月別アーカイブ
ブログ検索
FC2カウンター
原発のない世の中へ!
【署名のお願い】自然エネルギー100%と原発の段階的廃止を実現するため「エネルギー基本計画」を変えよう!
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
リンク
RSSフィード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。