スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

村上-塩引き鮭と黒塀に彩られた町屋の家並み

murakami01.jpg

murakami02.jpg

村上といえば三面川の鮭。民家の軒先にぶらさがっている塩引き鮭を探しながら、町を探索するのはとても楽しいです。写真は鮭製品の製造販売を営む老舗の味匠「喜っ川」。奥の土間に一歩足を踏み入れると、梁から何百という塩引き鮭がぶら下げられ、芳香を漂わせています。伝統的な町屋で人と鮭とが共存する光景が間近に見られるのは、日本広しといえど、村上をおいてないでしょう。女性観光客に説明しているのが、当主の吉川さん。なお、この地方の方言で、鮭のことを「イヨボヤ」と呼ぶそうです。「イヨボヤ会館」には、三面川の鮭のすべてが展示されています。
murakami03.jpg

murakami04.jpg

村上は、市内各所に町屋が残されていますが、多くは味気ない新建材で無味乾燥に改装され、写真のようにオリジナルの形態を保っている町屋は多くはありません。近年、漆喰塗り土壁、木桟ガラス窓、木製下見板張り(下地防火構造の壁)、窓手すり、昔風の看板と袖看板、面格子、出格子、のれんなどの意匠をコード化し、助成する「町屋の外観再生プロジェクト」が推進されています。写真は町屋を美しく修景したギャラリーです。
ところで、表通り沿いをそっけなく改装している町屋でも、内部は建てられた当時のままで残されていることが多く、それなら、街並みを飾り、外部を見て歩くだけでなく、町屋の中に入って、その伝統的な生活空間そのものを、人を引きつける仕掛けにできるのではないか。。。店先ではなく、生活空間である茶の間にお雛様を飾り、観光客を家の中に招き入れて見てもらうという「町屋の人形さま巡り」は、一気に村上を全国区にしました。
旅人が見知らぬ街を訪れても、普通は歩いて通り過ぎるだけで、文化財以外、内部の世界に触れる機会はほとんどありません。企画者の発想の秀逸さが光ります。
murakami06.jpg

murakami05.jpg

エル字平面の総2階で北側はすべて板張りという、村上ではちょっと変わった作りの住宅。もとは第四銀行の社員寮として長らく使われ、取り壊し寸前だったところを、現在の主である吉川真嗣さんに買い取られ、「浪漫亭」という粋な名前を与えられました。
カメラ片手に偶然、通りかかった見知らぬ旅人に、「中を見ていきませんか」と快く誘ってくださる。作務衣が似合う飄々とした若旦那風にして、実は村上の町おこしプロジェクトの仕掛人。
murakami07.jpg

この一帯は、安善寺にちなんで「安善小路」と呼ばれ、武家屋敷風の黒塀の建物が続いています。これは「黒塀プロジェクト」という仕掛けによるもので、市民の力で村上に昔ながらの黒塀を復活させるため、黒塀1枚を1,000円で市民に買ってもらおう、というユニークな企画。
この小路の奥には、由緒ある割烹「新多久」があります。残念ながら、火事で全焼してしまい、現在は唯一焼け残ったコンクリート店舗をリニューアルして営業しています。
murakami08.jpg

安善小路に静かに佇む、木造2階建て白壁土蔵造りの「浄念寺」本堂。旧藩主の菩提寺だったそうです。土蔵造りで置屋根形式の寺院というのも珍しく、見るのは初めてではないかと思います。エントランスまわり(寺院用語ではないが…)のデザインは維新後の和洋折衷様式を思わせるが、建てられたのは1818年とか。

■新潟県村上市■
murakami09.jpg

新潟方面からは国道7号線、または海沿いの国道113号線をひたすら北上し、米沢方面からは国道113号(小国街道)をまっすぐ西に向かい、村上市街へ。近くには瀬波温泉もあり、晴れた日には佐渡が一望できる。
おしゃぎり会館」は是非訪れたい。7月7日の有名な村上大祭では、市内の各地区の「おしゃぎり」が絢爛さを競うが、その現物のおしゃぎりが展示されている。また、村上は皇太子妃の小和田家ゆかりの地であり、小和田家の壮大な家系図なども見ることが出来る。「喜っ川」には、「おしゃぎり」の模型が展示されていた。
建設省主導型の道路拡幅事業を拒否した(?)村上は全体に道が狭く、おしゃぎり会館の駐車場にクルマを止めて歩くのがよい。
市内には茅葺の武家屋敷が10軒ほど残存しており、まいづる公園にはうち2棟が移築保存されている。学術的な価値は高いものだが、いかにも文化財といった保存のされ方で、米沢のような生活臭は感じられない。

【HOME】
スポンサーサイト

テーマ : レトロを巡る旅
ジャンル : 旅行

コメントの投稿

非公開コメント

カテゴリー
プロフィール

fabio777

Author:fabio777
古民家での晴耕雨読な暮らしに憧れる軟弱な熊谷都民。

月別アーカイブ
ブログ検索
FC2カウンター
原発のない世の中へ!
【署名のお願い】自然エネルギー100%と原発の段階的廃止を実現するため「エネルギー基本計画」を変えよう!
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
リンク
RSSフィード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。