スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

三ツ谷・杉山-れんが蔵と白壁土蔵の対照的な街並み

kitakata01.jpg

喜多方市街の少し北に位置する三ッ谷には、多くのれんが蔵が残されています。今では大型バスを擁して観光客が見学に来るまでになりました。この若菜家はテレビドラマの舞台になったことがあるそうで、今や全国区の観光地という感じです。

kitakata02.jpg

若菜家には、農作業蔵(明治43年)、3階蔵(大正5年)、蔵座敷(大正6年)、味噌蔵(大正10年)の4つの蔵があります。この写真は農作業蔵で、焼き色の違う2種類のれんがを1階と2階で使い分け、アーチ型のエントランスと相まって、近代的なセンスにあふれ、今日に至るまで古臭さをまったく感じさせのせん。
わら加工、脱穀、精米、穀物貯蔵、家畜の食料(干し草)貯蔵などに使われているというのが、ちょっと信じられないような。農作業蔵の右が味噌蔵で、昔から自家生産の大豆を使い、麹と塩だけで仕込んでいるそうです。

kitakata03.jpg

堂々たる構えの、若菜家の3階蔵。れんがの総数は42,500個にのぼり、冠婚葬祭や賄い用の食器類、寝具、長持ち、家財道具などが保管されているそうです。隣接しているのが座敷蔵で、ケヤキを使用し、来客の宿、隠居、会議、茶室などに使われています。

kitakata04.jpg

三ッ谷近郊の旧米沢街道沿いには、れんが蔵が点在していますが、街道を北上していくと、れんが蔵はまったく見られなくなります。
なぜかというと、歴史を紐解けば、明治時代に磐越西線の会津若松-喜多方間の線路建設の際に招聘したドイツ人技師が、この地にれんが工場を建てたのがきっかけで、もともと住宅建材として製造されたものではなかったんですね。当時の棟梁たちは、いろいろな使い方を模索したでしょうが、木軸構造となじみにくく、開口部も大きく取れないなどで、れんが蔵という用途に落ち着いたのかも。

kitakata05.jpg

kitakata06.jpg

こちらは杉山集落の蔵。三ッ谷からほど近い位置にあるのに、一転して、兜形の屋根と漆喰壁という意匠です! れんが蔵はひとつもありません。こんなに近いのに、不思議なことです。
それにしても静かです。路地の両側に蔵が立ち並び、商店はおろか自販機すらありません。自給自足に近い生活をしているのでしょう。杉山の蔵の特徴は、白と黒の漆喰が美しく調和した観音開きの扉にあり、こちらの蔵は貯蔵倉です。

kitakata07.jpg

kitakata08.jpg

杉山の蔵座敷。貯蔵倉に比べて規模が大きいだけに迫力があります。冠婚葬祭などの際に賓客をもてなすための空間で、蔵座敷の内部は漆で塗り飾られているそうです。
杉山は昔、木炭と笠の原料となったスゲ草の産地だったそうで、そんな話からも、山奥の貧しい寒村だったことがうかがえますね。こんな小さな集落で、賓客をもてなす宴などそう頻繁にあるわけでもないだろうに、そこまで豪華な蔵座敷を作っていたということに、人や地域のつながりを重んじる杉山集落の人たちの気持ちが伝わってくる気がしました。

■福島県喜多方市岩月町三津谷 同入田月■
kitakata09.jpg

喜多方市街から北へ向かう。大峠トンネルに通じる国道121号から、大峠に向かう旧米沢街道への分岐を進む。ほどなく、三ッ谷集落だ。三ッ谷は旧米沢街道から右に入ったあたり。一方、旧米沢街道をさらに北上すると、じきに杉山集落。こちらは左側へと入る。三ツ谷と違って訪れる人もなく、ひっそりとしている。杉山集落は戸数わずか19戸の小さい集落で、集落が終わればすぐ田んぼである。細い道をそのまま進むと、宇留野集落を経て、再び、大峠トンネルに通じる国道121号に出る。近くには、名前のごとくしょっぱい湯で名高い熱塩温泉がある。なお、旧米沢街道を直進しても、大峠は通行止めである。


スポンサーサイト

テーマ : レトロを巡る旅
ジャンル : 旅行

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

喜多方・熱塩温泉のお勧め情報

喜多方・熱塩温泉のお勧め情報

コメントの投稿

非公開コメント

カテゴリー
プロフィール

fabio777

Author:fabio777
古民家での晴耕雨読な暮らしに憧れる軟弱な熊谷都民。

月別アーカイブ
ブログ検索
FC2カウンター
原発のない世の中へ!
【署名のお願い】自然エネルギー100%と原発の段階的廃止を実現するため「エネルギー基本計画」を変えよう!
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
リンク
RSSフィード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。