スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

七ヶ宿-変化に富む景観を見せる街道筋

shichiga01.jpg

shichiga02.jpg

この七ヶ宿という言葉、実に響きがよいと思いませんか。
名前には不思議な力があって、別に「七人の侍」にかけるわけではありませんが、特別な何かがあって選ばれたというニュアンスを感じてしまいます。実のところは、奥州街道の桑折(こおり)宿から、上戸沢、下戸沢、渡瀬、関、滑津、峠田、湯原の7つの宿場を通ることから名づけられたに過ぎないのであって。。。

さて、下戸沢宿はご覧のように茅葺が多く残存していますが、いかにも鄙びた雰囲気は否定できず、この地が宿として賑わっていたことを想像するのは難しいです。かつては、酒を酌み交わして疲れを癒やす旅人たちの明るい声が聞こえてきたのでしょうね。現役の住居として使われていますが、全体に傷みが進んでいるのが気になりました。

shichiga03.jpg

下戸沢宿の裏手の山道を少し登ってみました。村全体がファインダーに収められる場所は見つかりませんでしたが、集落の雰囲気は伝わるのではないかと思います。両側から山が迫ってきているため土地が狭く、わずかな田畑を耕して生計を立ててきたことがうかがえます。旅人にはどのような食事を出していたのでしょう。

shichiga04.jpg

上戸沢宿は、バイパスのすぐ裏手を通っています。下戸沢宿に比べてこじんまりとしています。集落の公民館の前には、「上戸沢宿」と書かれた木製の看板。朽ちかけた鋼板葺の民家が、何かを訴えかけているような気がして、しばし佇んでいました。

shichiga05.jpg

shichiga06.jpg

滑津宿。関から湯原までの5宿のうちでは、滑津が最も宿場としての形を残しているように感じられます。でも、過去に火災で多くの民家が焼け落ちてしまい、この見事な風格を醸しだしている茅葺の安藤家住宅は運よく焼け残ったんですね。広い道幅の街道筋に堂々とした姿を見せる安藤家は、格式といい雰囲気のいい、存在感抜群。蔵も立派。
渡瀬や関、湯原の宿も、多かれ少なかれ火災にあっていて、すでに昔の町並みを髣髴とさせる建物はほとんど残されていません。残念なことです。かつて、渡瀬の集落には、入母屋の妻を街道に向けて立つ旅籠「かうじや」の雄姿が見られたはずなのですが、今は活版印刷によるモノクロの写真で当時をしのぶしかありません。

shichiga07.jpg

shichiga08.jpg

上は滑津、下は二井宿で見かけた民家。福島県側の滑津と、山形県側の二井宿は、同じ街道であっても、険しい二井宿峠で隔てられているためか、意匠が明らかに違います。具体的な差異を指摘すればきりがないけれど、それより、この雰囲気の違いを見て味わうだけで、街道をめぐるロマンと郷愁みたいなものが沸いてきます。
二井宿から米沢に抜ける道は奥羽の大名たちの参勤交代路として、金山峠から上の山に抜ける道は江戸回送米を東置賜地方から運ぶ重要な輸送路であったそうですから、一部の商人たちを除いて、民衆レベルでの交流は峠に阻まれていたのでしょう。

shichiga09.jpg

■宮城県刈田郡七ヶ宿町■
福島市の伊達町桑折で国道4号から七ヶ宿街道(羽州街道)に入り(または東北自動車道を国見ICで下り)、小坂峠を越えると、上戸沢宿、下戸沢宿へ。国道113号線に入り、やがて七ヶ宿ダムへ。ダム沿いの道を走り切ると、左手に「傾城森」が見え、思わず笑わされる(見ればわかる)。
そして、残りの5宿、渡瀬・関・滑津・峠田・湯原へ。七ヶ宿を過ぎると、道は二手に分かれる。二井宿峠越えの道(国道113号)は二井宿へ、金山峠越えの道(県道13号線:こちらが羽州街道)は楢下宿へと通じ、ともに山形県高畠市街に抜ける。

ルートからは外れるが、鎌先温泉にある「一條旅館」を見ておきたい。木造4階建が圧巻な湯治宿。
shichiga10.jpg

スポンサーサイト

テーマ : レトロを巡る旅
ジャンル : 旅行

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

奥州街道奥州街道(おうしゅうかいどう)とは、江戸時代に整備された五街道の一つ。正式には奥州道中といい、道中奉行の管轄では江戸日本橋 (東京都)|日本橋を起点として千住から陸奥白川(福島県白河市)までの27宿、そのうち宇都宮(栃木県宇都宮市)までは日光街道を通り17

羽州街道羽州街道(うしゅうかいどう)は江戸時代に整備された脇往還の1つである。江戸から桑折宿(福島県桑折町)で奥州街道から分かれ、7宿を経て山形、金山峠を越えて油川宿(青森県青森市)に至る街道で、現在の山形県を最上川に沿い南北に、ほぼ現在の国道13号に当たる。参

コメントの投稿

非公開コメント

カテゴリー
プロフィール

fabio777

Author:fabio777
古民家での晴耕雨読な暮らしに憧れる軟弱な熊谷都民。

月別アーカイブ
ブログ検索
FC2カウンター
原発のない世の中へ!
【署名のお願い】自然エネルギー100%と原発の段階的廃止を実現するため「エネルギー基本計画」を変えよう!
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
リンク
RSSフィード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。