スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

秋山郷-中門造の農家が山肌に溶け込むマタギの里

2006年に訪れてから3年。再び、秋山郷を訪れました。
以下、そのときの記事のリメイク版です。
写真や温泉の記事も追加しました。


秋山郷は、新潟・長野県境に位置し、交通が非常に不便で、かつ冬は4m以上の豪雪に覆われてしまいます。今でこそ、新潟・長野両側からの国道も開通し、冬には除雪も行われ、孤立することはなくなりましたが、かつては平家の落人部落として、またマタギの里として、独特の文化を育んできました。県外の関東ナンバーのクルマを何度も見かけ、近くなったんだなあと実感。釣りの人も多いみたいです。

akiyamagoh01.jpg

P1010014_convert_20090814205124.jpg

越後地方の民家は、中門造という形が基本的ですが、地域によって多少バリエーションがあるみたいです。秋山郷の民家に固有の形や様式みたいなものは見つけられませんでしたが、ひとつ言えるのは中門造ゆえに屋根の形が複雑だということ。このお宅は、結東という大きな集落の中心に立っています。上は正面玄関側から、下は勝手口側から撮らせていただいたものです。

P1010017_convert_20090814211618.jpg

P1010020_convert_20090814211707.jpg

どのお宅も中門造でつくられています。

P1010025_convert_20090814205044.jpg

国道405号線を少し上がったところから、集落全体を撮ってみました。結東の集落は、中門造の民家が点在する秋山郷の雰囲気をよく表していると思います。あたりにスズメバチの巣があったらしく、数匹から手荒い歓迎を受け、ほうほうの体でクルマに逃げ込みました。

akiyamagoh02.jpg

akiyamagoh03.jpg

3年前、国道405号線沿いに見つけた民家です。見るほどに複雑な形状をしています。また、よく見ると細い柱が掘立て形式で建てられています。これで4mにも及ぶ豪雪の荷重によく耐えられるものですから、大したもんですね。ただ、今回、この民家を見つけることはできませんでした。取り壊されてしまったか、または道が付け替えられたか。。。

P10100301.jpg


「北越雪譜」で著名な鈴木牧之は、この地に強く惹かれ、「秋山記行」という紀行文を残しています。その中で、秋山郷の民家の印象について、「壁が全然なく萱で四方を包み、柱が全然見えない。家の内壁を見ると、横に三尺くらいずつ隔てて細木のはつ敷を柱に入れて葦竿を縦に結び付けている。とびとびに窓がついているが、はなはだ小さい」と書き残しているそうです。

P1010048_convert_20090814212351.jpg

秋山郷の最奥にある和山温泉の集落。数軒の温泉民宿が、一般の民家に混じって営業しています。看板もなく、静かで、本当に人里はなれた秘境という感じです。混浴露天風呂がある一軒宿「仁成館」はこの集落からさらに下ったところにあります。

秋山郷には、小赤沢温泉、和山温泉、屋敷温泉、栃川温泉、切明温泉といった温泉が点在しています。泉質が全部違うので、温泉めぐりはとても楽しいです。
秋山郷の温泉については、下記の続編をぜひ!

続き 『秘湯 秋山郷』へ

■長野県下水内郡栄村■
P10100402.jpg

新潟県側から入るには、関越自動車道を塩沢石打ICで下り、国道353線で松之山に向かい、山崎で国道117号線に左折し、津南市の大割野で左折して国道405号線に入ります。あとは道なりです。
道幅が狭く対向車とのすれ違いにも気を使います。また、ガソリンスタンドやコンビニもないので、夜間の走行は差し控えたほうがいいかも。長野県側に抜けるには、そのまま国道405号線を進み、秋山林道から奥志賀スーパー林道に出て、北は野沢温泉、南は志賀高原へ出ることができます。
スポンサーサイト

テーマ : 旅先での風景
ジャンル : 旅行

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

湯快リゾート

温泉はリーズナブルに

コメントの投稿

非公開コメント

カテゴリー
プロフィール

fabio777

Author:fabio777
古民家での晴耕雨読な暮らしに憧れる軟弱な熊谷都民。

月別アーカイブ
ブログ検索
FC2カウンター
原発のない世の中へ!
【署名のお願い】自然エネルギー100%と原発の段階的廃止を実現するため「エネルギー基本計画」を変えよう!
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
リンク
RSSフィード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。