スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

地方・小出版社の本に出会うには

 街並み紀行には資料が欠かせません。日本各地に点在する街並みの情報を収集するには、いくらインターネットが発達しているとはいえ、やはり紙に書かれた資料が最も頼りになります。中でも、地方出版社が刊行している本は貴重です。しかし、それらの多くは全国の書店ネットワークに流通していないため、なかなか目にする機会がありません。

 東京の本の町、神保町には、そうした地方出版社・小出版社の本を専門に扱う書店があります。北海道から沖縄まで地域ごとに棚が構成され、これが実に楽しいのです。ウェブサイトもあります。私は店頭で買うことがほとんどですが、サイトで見ると店頭では気づかなかった本に出会えたり、ネットならではの探索の仕方がありますね。ぜひ、行ってみてください。へえ、こんな出版社があって、こんな本があったんだ、という発見に出会えます。最近の自費出版ブームも、一役買っているでしょう。本当に日本人というのは、活字好きなのですね。
 ちなみに、同サイトに今日の時点でアップされている新刊のうち、私的には次の2点に興味を持ちました。

worldheritagevagabond.jpg

世間遺産放浪記
● 藤田 洋三 著
石風社 刊
判型:A5変
定価2,415円(本体2,300円+税)
▼働き者の産業建築から、小屋、屋根、壁、職人、奇祭、無意識過剰な迷建築まで庶民の手が生んだ「実用美」の風景。痛快無比の247葉。

nagasakiretro.jpg

長崎昭和レトロ寫眞館
● 堺屋修一 写真・永松 実 文
長崎新聞社 刊
判型:B5変
定価2,100円(本体2,000円+税)
▼団塊の世代の方々には懐かしい思い出である昭和30年代。撮りためた幾多の写真から厳選した116点に、当時の世相の解説を加えて紹介する。

 長崎新聞社はわかるけど、石風社ってたぶん知らない人のほうが多いでしょう(石風社さんに大変失礼なことは重々承知しつつ)。それに、世界と世間をひっかけて、どこにでもある(であろう)建築の機能性という点から人々の知恵の痕跡を探り出そうという試みは、やはり小出版社だからこそ通った企画かもしれない。無性にページをめくってみたくなりませんか。長崎のほうも、どうしても原爆という先入観で見てしまいがちだけど、原爆とは違った昭和の原点みたいな写真が見れるとしたら、これはぜひ見ておきたいと思うのです。
 立ち読みが出来ないサイトでは、お金をはたいて買うべきかどうか、常に厳しい判断を迫られる。スタバでコーヒー○杯分だよなあ。。とか(笑)。この緊張感こそ、ネット買い物の醍醐味のひとつでしょうか。開封してパラパラめくってみて、面白くて一気に読んでしまうか、それとも「なーんだ」とがっかりするかは、届いてからのお楽しみ。

 読者にとっては、基本的に、いい本を読むのに、それがどこの出版社かってほとんど関係ない。あのハリー・ポッターだって、社長兼社員の女性が一人で始めた会社であれだけの成功を収めたわけだし。小出版社って、大手出版社が見向きもしないようなネタで本を出したりして、マイナーなだけに、探す楽しみもひとしおです。

 地方に街並み探索に出かけたら、ぜひ、その土地の書店に立ち寄り、地域・風土関係のコーナーに行きましょう。たいてい、地元新聞社や地元出版社が出している、その地域限定の本があります。私のお宝は、新潟県の秋山郷の某温泉旅館のお土産コーナーに飾られていた、秋山郷をめぐる古い本の復刻版。他で買うことは出来ません。そこに行かなければ買えない本って、デジカメの画像以上に、旅の想い出になりますよ。それに後々の財産にもなります。おすすめです。


スポンサーサイト

テーマ : レトロを巡る旅
ジャンル : 旅行

コメントの投稿

非公開コメント

カテゴリー
プロフィール

fabio777

Author:fabio777
古民家での晴耕雨読な暮らしに憧れる軟弱な熊谷都民。

月別アーカイブ
ブログ検索
FC2カウンター
原発のない世の中へ!
【署名のお願い】自然エネルギー100%と原発の段階的廃止を実現するため「エネルギー基本計画」を変えよう!
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
リンク
RSSフィード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。