スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

伊根-船屋が連続する漁村の風景

ine01.jpg

ine02.jpg

伊根は、日本海に丸く突き出した丹後半島の東側にあり、 浦島や徐福の伝説を今に伝える港町。宮津から国道178号線を海岸線に沿って走り、やがて、伊根湾の入江にさしかかります。遊覧船の乗船場のある小さい岬をやり過ごし、伊根湾の対岸が目に入ったとき、誰でも感動の声を上げるに違いないでしょう。230戸もの舟屋が湾を囲むように、海岸線にずらりと並んでいるのです。
湾の奥に漁協があり、その手前(西側)と向こう(東側)に延々と続いています。写真(上)は、高台にある道の駅の展望台からの西側の全景、(下)は海岸線まで下りてのビュー。

ine03.jpg

ine04.jpg

漁協のバースの先端に立って、船屋と対峙します。テレビや映画、写真でしか見たことがなかった光景が目の前に広がっているのは、夢でも見ているような不思議な気分。ほとんどの家が妻入の船屋だ。木造住宅の1階分に収納できる船ですから、必然的に小型の船舶に限られ、やや中型の船舶は湾内のバースに停泊していますが、ほとんどは船屋向けの小型船舶。伊根にこれだけの船小屋が残ったのは、小型漁船を中心とした漁業形態が続いていたこと、天然の入り江で外海の荒波から守られていたこと、などが考えられるでしょうか。海を覗くと急激に深くなっていて、天然の良港ということがわかります。

ine05.jpg

ine06.jpg

船屋の家々はみな妻入で、同じような大きさとプロポーションで、無駄なく並んでいます。船を収納できる安定した木造住宅をつくるのに最適な規模だった、ということでしょうか。1階は船の収納だけで手一杯で、住居は2階部分。2階は、かつては縄や綱などの漁具を置き、網の干場でもあったため、階下から網や縄を引き上げやすいように、歩み板を渡すだけの床組だったそうです。自宅に専用バースを構築している家もあり、全体的に足元はしっかりしている感じ。

ine07.jpg

ine08.jpg

海岸線に沿って続く一本道の街並み。海に面した向こう側が船屋になっているとはまったく気づかないくらい、漁村の雰囲気を感じさせない対照的な光景に思われないでしょうか。表と裏でこれだけ異なる街並みってあるだろうか、と不思議な気分に包まれます。風化した板張りの外壁が、かろうじて、ここが海に面していることを示しています。海側の船屋と道側の蔵が連続している家も多いです。

ine09.jpg

伊根の風景は、船屋だけではなく、実は街並みも実に素晴らしいく、漁師の家々に混じって、京風の端正な和風住宅も残されています。

ine10.jpg

大きな造り酒屋「蔵元むかい」。

遊覧船で湾内を一周するだけでなく、ぜひ、この道を歩いていただきたいと思います。伊根の西側の集落を通る国道178号線は海岸線に沿った一本道で道幅は狭く、クルマのすれ違いがやっと。遊覧船に乗船する観光客は集落の手前で駐車しますが、道の駅はこの先の高台の上にあり、観光客のクルマがどんどん入ってきてしまうのは仕方がないのかも。
スポンサーサイト

テーマ : レトロを巡る旅
ジャンル : 旅行

コメントの投稿

非公開コメント

カテゴリー
プロフィール

fabio777

Author:fabio777
古民家での晴耕雨読な暮らしに憧れる軟弱な熊谷都民。

月別アーカイブ
ブログ検索
FC2カウンター
原発のない世の中へ!
【署名のお願い】自然エネルギー100%と原発の段階的廃止を実現するため「エネルギー基本計画」を変えよう!
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
リンク
RSSフィード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。