FC2ブログ

美山-京と若狭の影響を受けた山里の美しい茅葺集落

miyama01.jpg

miyama02.jpg

miyama03.jpg

miyama04.jpg

京都府南丹市美山町知井の北村の集落には、32軒の茅葺住宅が点在し、重要伝統的建造物群保存地区に指定されています。地理的には京と若狭浜のちょうど中間に当たり、京文化を軸に周辺地域の影響を受けています。入母屋屋根に板張りの北山型の美しい民家が並ぶ様はまさに圧巻。最も古い住宅は1796年築、多くは19世紀中頃に建てられたというから驚きです。春の花に彩られた茅葺民家のたずまいは、メルヘンのよう。

miyama05.jpg

miyama06.jpg

山の斜面と山裾にひな壇状に住宅が配置され、集落内には細い路地が通っています。北山型民家は、入母屋、土間が上げ庭で狭い、中央の棟木の筋で室を分ける、板壁に板戸などが特徴のようです。

miyama07.jpg

集落内にある美山民俗資料館。200年前の中農民家の形をよく残していますが、平成12年に火災で焼失し、再建したものだとか。囲炉裏端に座って管理人のおばさんと話していると、開放的で素朴なつくりと相まって、心が和みます。

miyama08.jpg

miyama09.jpg

かつて富士山麓には「根場」という茅葺集落が美しい姿を見せていましたが、今からもう40年以上前の昭和41年9月、台風26号による地すべりに飲み込まれ、一晩で集落すべてが消滅してしまうという悪夢のような出来事があったことを思い出しました。ここ美山を見て、写真でしか見たことのない根場集落にとても似ているような印象を抱きました。
スポンサーサイト



テーマ : レトロを巡る旅
ジャンル : 旅行

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

fabio777

Author:fabio777
古民家での晴耕雨読な暮らしに憧れる軟弱な熊谷都民。

ブログ検索
カテゴリ
FC2カウンター
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブログ内検索
リンク
RSSフィード