スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

生野-1300年の歴史を持つ銀山の麓の産業城下町

ikuno01.jpg

ikuno02.jpg

生野銀山は807年に開山して昭和48年に閉山されるまで、実に1300年あまりの歴史をもっています。国家的に重要な産業基盤として、信長、家康をはじめとした時の権力者たちに重要視され、奉行所も設置されていました。明治維新で鉱山は閉鎖され、直後に焼き討ち事件が発生して全焼してしまいますが、フランス人技師の手によって近代的な設備を備えた鉱山に生まれ変わり、明治29年には三菱資本の傘下に入りました。
生野の町は、平野部に広がる口銀谷(くちがなや)と、銀山の採鉱口の手前に広がる奥銀谷(おくがなや)から構成されています。写真は、口銀谷にある史料館「生野書院」。

ikuno03.jpg

ikuno04.jpg

口銀谷の落ち着いた静かな街並み。方形で寄棟屋根の珍しい建物は、旧松一醤油店で、国登録文化財。この道の奥には、やはり国登録文化財の旧海崎医院がありますが、残念ながら瓦の葺替え工事中でした。

ikuno05.jpg

郷宿だった旧吉川家建物をリニューアルした、生野まちづくり工房「井筒屋」。江戸時代、生野は旅人の宿泊が禁止されていました。今で言えば原子力施設みたいなもので、最高レベルの国家機密地区だったのでしょう。それで公事人のために設けられた6軒の郷宿のうちの1軒。天保3年築。

ikuno06.jpg

旧地役人邸宅で、国登録文化財。所有者の方が今も住んでおられ、美しく維持管理されていますが、裏側には洋風建築が建て増しされていました。

ikuno07.jpg

江戸時代に郷宿と掛屋を掛け持ちしていたという町屋。こちらはすでに誰も住んでいないように見受けられました。これも国登録文化財。

ikuno08.jpg

旧銀山官舎。銀山に勤務する日本人官吏向けに、明治8年に建てられたもので、いわゆる炭鉱労働者が住む炭鉱住宅ではありません。同じようなつくりの寄棟の平屋建が一定ピッチで並んでいます。黒澤明監督の映画「生きる」「七人の侍」などで有名な俳優の志村喬が明治38年にここで生まれたことを知り、とても驚きました(生家はもう残されていないが、裏手に生家跡があります)。「生きる」の最後で、自分で手がけたちっぽけな公園で一人ブランコに乗る姿が、とても印象的だったなー。

ikuno09.jpg

生野カトリック教会は、瓦葺の重厚な和風住宅の横に洋風建築が増築されていて、門の表札を見なければ、ここがカトリック教会とは誰にもわからないでしょう。普通の民家を使っている教会はずいぶん見てきたけど、カトリック教会では初めてだったような気もします。

ikuno10.jpg

口銀谷の洋風建築、実は元警察署だった建物。明治19年築の旧和田山警察署生野分署。地元の大工さんがみようみまねで作った擬似洋風とありますが、なかなかよくできているのでは。。。

スポンサーサイト

テーマ : レトロを巡る旅
ジャンル : 旅行

コメントの投稿

非公開コメント

カテゴリー
プロフィール

fabio777

Author:fabio777
古民家での晴耕雨読な暮らしに憧れる軟弱な熊谷都民。

月別アーカイブ
ブログ検索
FC2カウンター
原発のない世の中へ!
【署名のお願い】自然エネルギー100%と原発の段階的廃止を実現するため「エネルギー基本計画」を変えよう!
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
リンク
RSSフィード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。