スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

高岡(木舟町)-黒塗壁と防火壁による重厚な街並み

takaoka01.jpg

takaoka02.jpg

高岡は、明治33年、大火により市街地の6割を焼失してしまい、以後、ぶ厚い土蔵造りとして壁を黒塗りとし、かつ、れんが造のごつい防火隔壁を作るようになりました。
黒塗りの住宅は、筏井家住宅(県指定有形文化財)。実に堂々としています。明治36年の建築で、代々、綿糸などを商っていました。
2階窓の観音扉は、すべての窓を開けたとき、隣り合う扉が一体化して納まるように設計されています。このあたり(木舟町)は山町筋と呼ばれ、重伝建に指定されています。

takaoka03.jpg

明治35年築の菅野家住宅(国指定重要文化財)。北海道との通商で富を築き、高岡紡績や高岡電灯などを興し、高岡の政財界の中心的な人物だったとか。
防火隔壁は、まるで門のようにも見えます。そして、隣家の隔壁との間には、細い路地が設けられています。

takaoka05.jpg

雪のためか、雁木のようになっていますが、隔壁が行く手をふさいでいます。明治の大火以前は、高田のように雁木が延々続く街並みだったのかもしれません。下屋の支柱の柱頭に施された装飾に注目。

takaoka04.jpg

明治42年築の塩崎家住宅。今でも計量器の販売を行っています。角地に立ち、一方が洋風、片方が和風という和洋折衷は、昭和9年の道路拡幅により本来の建物が間口2間分を削り取られた結果。現在も、はかり・計量・計測機器総合商社「塩崎商衡」として営業しています。

takaoka06.jpg

ちょっと不思議な印象の建物。その名は「井波家仏壇店」。もともとお茶の卸商を営んでいたのを、仏壇商の井波家が買い取ったもの。店の土間部分は2階が吹抜で、四周に回廊がついているます。古い土蔵造りの家を、防火も兼ねて思いっきりリニューアルしたのでしょうか。国登録有形文化財。

takaoka07.jpg

takaoka08.jpg

さすがに仏壇王国(?)、北陸だけのことはあるりますこれだけ立派な仏壇屋さん、関東圏ではなかなか見られるものではありません。中を覗くと、金箔で鮮やかに彩られた数百万円の豪華仏壇の数々に、ため息が出ます。それだけ、先祖を大切にしてきたということなのでしょうか。

takaoka09.jpg

富山銀行本店。大正3年に高岡共立銀行として設立されました。辰野金吾大先生の監修を受けて清水組(現在の清水建設)の田辺淳吉が担当したもので、横浜や神戸から切り抜いてきたかと思う、立派な洋風建築です。
スポンサーサイト

テーマ : レトロを巡る旅
ジャンル : 旅行

コメントの投稿

非公開コメント

カテゴリー
プロフィール

fabio777

Author:fabio777
古民家での晴耕雨読な暮らしに憧れる軟弱な熊谷都民。

月別アーカイブ
ブログ検索
FC2カウンター
原発のない世の中へ!
【署名のお願い】自然エネルギー100%と原発の段階的廃止を実現するため「エネルギー基本計画」を変えよう!
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
リンク
RSSフィード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。