FC2ブログ

足尾銅山へ その3

P1010059_convert_20090711175736.jpg

初めて見る足尾銅山の現在の姿。
巨大な廃墟を前に、言葉を失います。

P1010063_convert_20090711175819.jpg

以下、足尾銅山の歴史を簡単に勉強してみましょう。
足尾は江戸時代に本格的に採掘が始まり、当時は寛永通宝を鋳造するなど、「足尾千軒」と言われるほど賑わっていたましたが、その後、採掘量が減少し、幕末から明治時代初期にかけてはほぼ閉山状態となていました。
1877年(明治10年)、古河市兵衛は足尾銅山の可能性に着目して経営権を獲得、数年間をかけて次々と新しい鉱脈を発見して急成長を遂げ、20世紀初頭には日本の銅産出量の1/4も担うまでになりました。しかし、あまりに急激な鉱山開発により有毒物質が流出、下流の多数の住民を苦しめることになる「足尾鉱毒事件」を引き起こし、、田中正造らによる反公害運動が展開されたことは有名ですね。

P1010068_convert_20090711180303.jpg

戦前、最盛期には人口が38,000人近くいたこともありますが、戦争中に無計画に採掘し続けたため、次第に鉱脈は細っていきます。そして1973年(昭和48年)、閉山。96年にわたる歴史に幕を下ろしのでした。

P1010072_convert_20090711180437.jpg

閉山後も輸入鉱石による製錬事業は続けられていましたが、1989年(平成元年)以降は鉱石からの製錬事業も停止しました。現在は、製錬施設を利用しての産業廃棄物(廃酸,廃アルカリ等)リサイクル事業のみを行っています。つまり、この施設は、正しくは廃墟ではなく、一部の施設を使って操業を続けている現役の施設なのですね。事務所の入口には、足尾精錬株式会社足尾精錬所、古河機械金属株式会社足尾事業所の看板が掲げられています。

P1010075_convert_20090711175900.jpg

P1010078_convert_20090711180009.jpg

P1010087_convert_20090711180125.jpg

真っ赤に錆びて今にも崩れ落ちそうな鉄骨骨組が、腐食性ガスの強さを物語っているようです。世界遺産に登録する動きもあるようですが、廃墟のままで登録するのは困難でしょうから、復元することになるのかもしれませんが、個人的には廃墟のままで保存すべきかと思います。長崎の軍艦島もそうですが、復元しても時間の流れを戻すことはできないわけで。

P1010088_convert_20090711180157.jpg

ズームがとらえた「足尾精錬」の文字が、静かに強烈なメッセージを放っています。

P1010074_convert_20090711180601.jpg

川沿いの険しい崖に面して建てられています。

P1010070_convert_20090711180648.jpg

長年にわたる採掘で緑が失われた山は、豪雨や地震により、落石や土砂崩れなどの深刻な被害をもたらします。今、足尾では、地元の方たちが中心になって、荒れ果てた山肌に失われた緑を回復させる活動が地道に行われています。

テーマ : 建物の写真
ジャンル : 写真

松本 開智学校

松本といえば松本城と並ぶ代表的建築、開智学校を見に行かないわけにはいきません。松本城から歩くこと10分ほどで、開智小学校の敷地のすぐ裏手に立っていて、素晴らしい擬似洋風建築です。

kaichi01.jpg

1873年(明治6年)の竣工ですから、欧米から来日したおかかえ建築家の作品かと思いきや、そうではなく、松本の大工、棟梁・立石清重という人の設計・施工によるというから驚きです。東京や横浜の建物を見学して回っただけで、これだけのものを築いてしまったのですから、当時の日本の棟梁がいかにレベルが高く、新しい技術に対する対応力があったかがよくわかりますね。明治9年、つまり、明治維新からまだ10年たたずに竣工したのです。ということは、明治4~5年くらいには基本デザインや設計に着手していたことになりますね。すごいことです。

kaichi02.jpg

kaichi03.jpg

唐破風の下にエンゼルが舞い、瑞雲の彫刻を施したバルコニーの下には竜の彫刻を配し、 屋根の上には八角形の塔屋が設けられています。 また、輸入した高価なガラスや色ガラスが使用されており「ギヤマン校舎」と呼ばれていました(このくだり、【近代建築散策】様からの引用です)。

kaichi04.jpg

kaichi05.jpg

当初は松本市内の女鳥羽川のほとりに建てられ、約90年間にわたって使用されていましたが、氾濫で何度も損傷を受け、昭和36年、河川改修に伴って現在の地に移築されたそうです。かつては教室と寄宿舎がL字形につながっていましたが、現在は教室部分だけが移築されています。

kaichi06.jpg

kaichi07.jpg

建具は実に凝った木彫りが施されていて、特に2階の講堂の照明はアール・デコっぽい雰囲気と和の作風が調和して実に美しい仕上がりです。

kaichi08.jpg

階段ひとつ見ても、ディテールは実に精巧に作られています。

kaichi09.jpg

民家の庭先から開智学校を望むの図。これだけの建築が街の景観に普通に溶け込んでいるのがすごいというか。ヨーロッパ的な感覚かもしれないですね。

住所:長野県松本市開智2-4-12
構造:木造2階建・塔屋付・桟瓦葺

テーマ : レトロを巡る旅
ジャンル : 旅行

アルプスの城下町、松本の街並み

日本アルプスの城下町、松本市。美しい山々に囲まれ、松本平の中心に位置する、こじんまりとした街です。松本を通らずに北アルプスに行くことはできないので、もう何度も通っているのですが、通っているだけで意外と、じっくり散策したことがなかったのです。そこで、下山後の予備日を一日フルに使って、市内を散策してきました。

matsumoto01.jpg

松本といえば、この国宝「松本城」でしょう。熊本城と似た黒壁の城は、姫路城に代表される白壁の城と対照的で、実に渋く落ち着いて見えます。広いお堀の水面二に映し出されたシルエットの陰影がたまらないです。お城のライトアップが流行ですが、この黒壁が夜景でどのように見えるのか、見てみたかったかも。

matsumoto07.jpg

中町通り。電線が地中化されていて、街並み保全のお手本的な感じですが、古い民家が喫茶店やギャラリーなどにリニューアルされて、いい雰囲気です。松本観光のスポットですね。

matsumoto08.jpg

matsumoto10.jpg

中町通り。おしゃれなお店が並んでいます。こういう街並みで、こういうギャラリーや画廊、古物商なんかの店員さんになってみたいなと、以前から憧れています。ま、そうはいっても、画商の世界はそれはそれ、かなり厳しい世界のようですが。

matsumoto05.jpg

市内の近代洋風建築。れんが積風のファサードですが、妻側を見ると木造っぽく見えますね。レトロなインテリアが美しいホテル花月のすぐそばで見つけました。

matsumoto04.jpg

市内で見かけた純れんが造の住宅。寄棟の本瓦葺で、窓まわりのディテールなかなか凝っています。レンタサイクルで市内を回ったのですが、こういう住宅は松本市街では珍しいようです。

matsumoto03.jpg

松本城の界隈で出合った和洋折衷の木造建築の医院。八角形のドーム形の赤屋根に注目です。小さいけれど、なかなか考えたデザインです。ここは医院が2軒並んでいて、このお宅の左には、モダニズム風の住宅が立っていて、どちらもなかなか味があります。普請趣味のお隣さん同士、張り合った結果なのでしょうか。どちらも長生きしてほしいです。

matsumoto02.jpg

蔵をリニューアルして用途変更する例は多いけれど、だいたい画廊とか喫茶店とかが多いです。こちらはなんと、法律事務所です。蔵造りの法律事務所には初めて出会いましたが、なかなか乙なものかもしれません。敷居の高い弁護士センセイも、こういう雰囲気なら法律相談に行きやすいかも。

matsumoto06.jpg

ヒカリヤ。何のお店かわかりませんでしたが、本格的な土蔵建築です。

matsumoto11.jpg

松本駅前で見つけた木造3階建の飲食店。狭い通りに面して、屋根をずいぶん大きく見せています。とりあえず一枚、撮っておきました。

テーマ : レトロを巡る旅
ジャンル : 旅行

西片・本郷 その2 本郷館と鳳明館

hongohkan01.jpg

伝統和風旅館「鳳明館」の角を曲がれば、木造3階建の下宿屋「本郷館」の雄姿が目に飛び込んでくきます。「止まれ」と言われなくても、自然と足は止まってしまいます(笑)。

hongohkan02.jpg

明治時代の下宿屋が21世紀の今も普通に使われています。ヨーロッパではごくあたりまえのことが、日本ではこんなに珍しいのはどうしてでしょう。ところどころガラスが割れ、ビニルなどでふさいでいます。昔の学生寮には必ず寮歌があったそうですが、今にも学生たちの合唱が聞こえてきそうな雰囲気。

hongohkan03.jpg

傾斜地に立っていて、下から見上げたところ。大きさを実感します。

hongohkan04.jpg

学生たちの愛着が深く、卒業してもここに住み続ける人もいると聞きます。こういう愛情が注がれている間は、まず取り壊されることはないでしょうし、卒業生をはじめとしたあらゆる知恵を結集して建物を維持する努力が払われることでしょう。

houmeikan01.jpg

houmeikan02.jpg

純粋な和風建築ですが、意外にビジネス客が多く使用しています。出張イコール駅前のビジネスホテルという定番ではなく、たまにはこういう趣のあるお宿に一泊してみるのも、東京再発見につながるのではないでしょうか(と思いつつ、まだ宿泊したことがありません)。訪れた日は、テレビ番組の収録が行われていました。

houmeikan03.jpg

玄関門柱には、登録文化財のプレートが埋め込まれています。なお、本館と別館が離れているので、最初は迷うかも。。。

houmeikan04.jpg

実に手の込んだ精巧な門の意匠。内部の意匠もなかなかのものらしいです。やはり泊まらなければ、ディテールの細部を検証することは出来ません。

テーマ : レトロを巡る旅
ジャンル : 旅行

西片・本郷-菊坂界隈の樋口一葉と東大生の街

nishikata01.jpg

本郷館。明治38年築で、今も東大生が暮らす木造3階建の下宿屋で、70室もあり、当時としたら相当大きな建物です。二葉亭四迷、徳田秋声も住んでいたそうです。窓には木桟に昔なつかしい摺りガラスがはめられ、所々透明ビニルが張られています。冬は寒いに違いないですが、3階からの眺めは格別でしょう。これで賄がついていくらくらいなのでしょうね。さすがに彼女を連れ込むことは出来ないけど、こういう環境で4年間、勉強できる学生って、幸せだと思います。

nishikata02.jpg

旅館「鳳明館」は、本格的な純和風の数奇屋建築で、国の登録有形文化財です。和風旅館は得てして増改築を繰り返すうちに当初のイメージが変質していってしまいますが、鳳鳴館はほとんど手を加えられずに維持されているのがすごいところ。本郷近傍の旅館は、比較的安いこともあり、バブル前までは修学旅行の常宿だったそうで、受験シーズンには、東大受験生一色になるのでしょう。知らない東京に受験に出てきて、こういう家庭的な旅館で面倒見てもらえるのは、さぞかし心強いに違いありません。 

nishikata03.jpg

樋口一葉が頻繁に利用していた伊勢屋質屋。昭和57年まで営業していたというから驚き。貧乏だった一葉は、24歳で生涯を閉じるまで、何度も通っていました。なけなしの小袖と羽織を風呂敷に包み、母とともに駆け込む姿が目に浮かぶような気がします。文士というのは昔から貧乏暇なしと相場が決まっていたみたいで。大体、ものを書いてメシを食うなど、およそ常人には考えられない所業にちがいありません(笑)。近くの路地の奥には、一葉の旧宅跡も残されています。また、西片には徳田秋成の生家も残っていますが、かなり老朽化が目立ちます。

nishikata04.jpg

本格的な和風民家が今も普通に立っているあたり、さすが西片です。それでも、建築家の設計による豪邸にまじって、かなりハウスメーカーの工業化住宅が目立つようになってきました。住宅地には更地も目立ち、景観はこれから変質していくのは避けられそうもありません。

nishikata05.jpg

青空に突き刺すようにとがった切妻屋根の洋館。大正から昭和初期の頃の作品と思われ、どことなく中世ヨーロッパを思わせますね。アルミサッシに交換した以外は、ほぼ原型のままのようです。2階の軒の出張りは樋。

nishikata06.jpg

立派な蔵を持つ純和風の屋敷は、西片でも小数派。白壁と正月飾りが美しい。。。

nishikata07.jpg

伊勢屋質店のある菊坂を下から見たところ。

nishikata08.jpg

nishikata09.jpg

nishikata10.jpg

丸山福山町のアパート。木造3階建で、3階はロフト風、急勾配の鋼板葺の屋根には天窓が。エントランスに丸柱を配したアールデコ調ながら屋根は瓦葺で、道のカーブに沿って雁行しています。相当に老朽化しているけれど、当時は洒落た作りだったのは間違いなく、このまま取り壊すのは惜しい気がします。

■東京都文京区西片■
本郷通りに面した東京大学の前に広がる。古本屋の並ぶ東大前の本郷通りから白山通りに出る「菊坂」を境に、西側が西片、東側が本郷。西片地区は、一歩足を踏み入れると、そこには整然と区画された高級住宅地が広がり、成城か田園調布にでも迷い込んだような錯覚にとらわれる。本郷地区は、本郷館、鳳明館などの下宿屋や木造旅館、古い住宅などが残り、学生の町という雰囲気を漂わせている。
このあたりは、坂の町で、さまざまな坂にはそれぞれ名前が付けられ、その謂われがプレートに書かれていて、見ながら歩くのはなかなか楽しいものだ。また、戦災を受けなかったのか、戦前の住居表示も残っていたりして、感慨深い。かつては本郷区、だったのだ。

テーマ : レトロを巡る旅
ジャンル : 旅行

プロフィール

fabio777

Author:fabio777
古民家での晴耕雨読な暮らしに憧れる軟弱な熊谷都民。

ブログ検索
カテゴリ
FC2カウンター
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブログ内検索
リンク
RSSフィード