FC2ブログ

待乳山聖天から隅田川へ

隅田川花火大会を見に行ってきました。
もちろん、殺人的なラッシュは覚悟の上です。
お昼頃に到着し、近くを散策することにしました。しかし、それにしても暑い。。。

P1010002_convert_20090727210452.jpg

東京メトロ浅草駅を出ると、何ともレトロな地下街が。
浅草は日本で最初に地下鉄が誕生したところですから、無理もないですね。

P1010001_convert_20090727210633.jpg

団塊世代のお父さん方は、昔懐かしさのあまり涙がこぼれてしまうのでは?(笑) 失礼、団塊以上かな。ポスター自体は戦前のもののコピーかもしれませんね。戦後にしても古すぎるもん。

P1010003_convert_20090727210540.jpg

昭和の雰囲気プンプン、ほとんど別世界です。
こんな空間が今の東京にまだ残っていたとは。
でも、不思議と落ち着く。
「日本の原風景」は、都会のど真ん中にも見つけられるんですね。

P1010011_convert_20090727210809.jpg

そして、浅草七福神のひとつ、待乳山聖天へと向かいます。
浅草駅前から巡回バスの「北めぐりん」に乗り、3つ目の停留所で下りると、すぐ目の前です。
待乳山聖天は十一面観音菩薩を本地仏とする聖天様(大聖歓喜天)で、聖天様を供養する「浴油祈祷」で有名です。地元の信心深い方々が一心に祈祷しておられました。

P1010009_convert_20090727210850.jpg

江戸時代以来という築地塀。
待乳山は山というだけあって、5~6m程度の「標高」があります。昔、盛土したらしく、自然の丘ではないようです。

P1010016_convert_20090727210939.jpg

待乳山聖天のシンボルである「大根と巾着」。 大根は良縁成就と夫婦和合、巾着は商売繁盛を表し、境内のあちこちに大根と巾着のシンボルが見られます。

P1010012_convert_20090727211051.jpg

夫婦和合を象徴する2本の二股大根。何ともユーモラス。じっと見ていると恥ずかしくなってきますね。本堂には誰でも上がれることができて、ご本尊の前には本当に大根が20本くらい、奉納してありました。

P1010013_convert_20090727211127.jpg

こちらは巾着ですね。夫婦和合と商売繁盛がセットというのが、何とも現実的というか、いかにも江戸らしいというか。。。大きな宗派でないこともあってか、地元の人たちの信仰と密着した「等身大の」宗教という印象です。

P1010020_convert_20090727211400.jpg

それにしても暑いです。風があるのがまだ救いです。
さて、そろそろ花火大会の会場に向かわなくては。
まだ3時前ですが、すでに会場周辺は人で埋め尽くされています。どうやら一等地はとっくに占拠されているらしく、すでにあちこちで宴会が始まり、べろんべろんで寝込んじゃった人もいます。
日が暮れて本番になったらむっくり起き上がるのかな。
さて、言問橋を渡り、歩いて歩いて、首都高速向島出口のあたりまで来ました。とりあえずこのへんでスペースを確保するしかありません。しかし、周囲はこんな有様です。

20090725-00000044-jijp-soci-view-000.jpg
隅田川の花火 7月25日21時24分配信 時事通信
東京、夏の風物詩「隅田川花火大会」が25日夜開催され、約2万発の花火が打ち上げられた。隅田川周辺の会場には約94万8000人(主催者発表)の見物客が集まり、真夏の夜空を彩る大輪に歓声を上げた

うわさに聞いていた通り、山手線並みの混雑でデジカメを出すこともままならず。仕方なく、新聞社さんの写真を拝借させていただきました。ゴメンナサイ。

帰りも大変で、京成線の押上駅まで歩いたものの、駅は人であふれかえっています。結局、タクシーに乗ってしまいました。タクシーの運転手さんに絶景穴場ポイントを教えていただいたので、来年はリベンジができそうです。

地元の方たちは、いろいろ穴場をご存知のようで、多少距離が離れてもアパートの隙間で見晴らしがいい場所とか、探せばいろいろありそうです。やはり、ちっとは落ち着ける場所でゆっくり鑑賞したいものですね。

京都の嵐山

京都・嵐山の風景です。2年前の正月、撮影したものです。
雪景色を見たかったのですが、天気がよすぎて。。。

arashiyama03.jpg

嵐山の話をする前に、全然関係ない話をちょっと。

実は、この週末、ケガをしてしまいました。
わたしは週末、近くの自然公園で10kmばかりジョギングしていて、多少の自信はないわけではなかったのですが。。。普段はゆっくり走りますが、ちょっとダッシュをかけた瞬間、左ふくらはぎに「ブチッ」という痛みが走りました。
最初、誰かに蹴りでも入れられたかと。。。
でも、誰もいないし。
そうか、やっちゃったか。。。
数分間うずくまっていたのですが、誰も助けちゃくれないので(あたりまえやん)、ビッコをひいて家まで帰りました。そして、クルマで病院にいったら、先生いわく、

肉離れですね

「とりあえず全治一ヶ月くらいかな。これから足首のほうが張れてくるかもね。2週間はお風呂厳禁、ジョギング再開は様子を見ながら、早くても4週間後ね。無理すると再発するよ。じゃあ、そういうわけで、お大事ねー」

あーあ。
びっこをひくか、カニみたいにしないと歩けなくて、山用のストックを使っています。
肉離れなんて、アスリート限定かと思っていましたが、こんな週末ぐうたらジョガーでもなったりするのですね。体力、落ちているのかなー。
建国記念の日、近場の温泉に行くはずだったのに。
シングル足湯で我慢するしか、なさそうです。

というわけで、当分は写真を撮りに行くことも美術展を見に行くこともできません。
当ブログについても、過去ネタでしのぐしかないわけで。。。

arashiyama02.jpg

arashiyama01.jpg

そんなことで、ヒマネタ第一号として、京都の嵐山です。
2007年の正月、三が日を避けて、4~5日に京都観光にいってきた時の写真です。

京都の四条大宮から京福電鉄嵐山線で嵐山に向かいます。嵐山駅はなかなか綺麗にしつらえられていて、さすが嵐山という感じですね。駅前はお土産物屋が軒を連ね、華やかな雰囲気です。

arashiyama05.jpg

嵐山といえば、渡月橋ですね。
だけど、この写真、よく見ると「あれ?」と思いませんか。
よーく見てくださいね。

橋の中央部に、黄色い工事用の仮設パネルが付けられています。

arashiyama04.jpg

近づくと、こんな風になっています。
実は、2006年の大晦日くらいだったか、地元の若者が運転するスポーツカーが橋の上でスピンし、欄干を突き破って、川に落ちてしまったのでした。確かに、川原には欄干だった木材が散らばっています。
正月を控えているだけに、警察さんは慌ててクルマを引き上げたのでしょう。
全国放送のニュースで放映されたので、ご本人はとても恥ずかしかったでしょうね。ケガはなかったのかな。
それにしても、こんな文化財を壊しちゃったら、いったいいくらつくのか、想像もつきません。保険屋さんもビビったことでしょう。

以上、わたしのゲカと絡めて、渡月橋のケガのネタでした。何の落ちもなくて、すみませんね。

arashiyama06.jpg

arashiyama07.jpg

arashiyama08.jpg

嵐山の風景。観光客の多い渡月橋を離れると、嵐山の静かな風景が広がっています。
一度、雪化粧の嵐山を見てみたいですね。

最後にこんな一枚。

arashiyama09.jpg

京都駅ビル。いつ見ても、すごいですね。かれこれ15年はたっているわけですが、ある意味、新鮮さはまったく失われていませんね。世界金融恐慌が吹き荒れる今、こんな絢爛豪華な建築は当分、現れそうにありません。
プロフィール

fabio777

Author:fabio777
古民家での晴耕雨読な暮らしに憧れる軟弱な熊谷都民。

ブログ検索
カテゴリ
FC2カウンター
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブログ内検索
リンク
RSSフィード